Posts

SSLの証明書取得と仕組み

  • POST
SSL(Secure Sokets Layer)はインターネット上でデータを暗号化して送受信するトランスポート層のプロトコル1。 TLS(Transport Layer Security)はSSLを元に作られたプロトコル。SSLという名称が広く普及していたことからSSLと呼ばれることも多い。 多くのサイトではより安全性の高いTLSが使われている。 現在のTLSの最新バージョンは1.2で、TLSがネゴシエーション時に使うバージョン番号はSSL時代からの通し番号で「3.3」になっている2。 HTTPS (Hypertext Transfer Protocol Secure)はTLSを使って、セキュアなHTTP通信をしている。 サーバ証明書を取得する SSLにはサーバ証明書が必要。 opensslコマンドなどを使って、証明書発行に必要な証明書要求データを作る。 作り方についてはサーバー証明書のつくりかたと、その原理 - kirinwikiblogが詳しいので参考にした。 まず、opensslコマンドでRSA方式で2048ビットの鍵ペア(秘密鍵)を作る。 $ openssl genrsa -out server.key 2048 Generating RSA private key, 2048 bit long modulus .............................................+++ ...+++ e is 65537 (0x10001) “2048 bit long modulus”と書いてあるように2048ビットなのはmodulusである。modulusといっているのはRSA暗号 - WikipediaやRSA (cryptosystem) - Wikipediaで言うところの $n$ である3。 暗号化に使う $e$ は65537になっていて、これは固定っぽい。 server.keyの中身を見ていこう。2048ビットは長いので32ビットで見ていく。32ビット未満は小さすぎるというエラーが出て生成できない。 $ openssl genrsa -out server.key 32 Generating RSA private key, 32 bit long modulus .

セブでスクーバダイビングしてきた

  • POST
フィリピン・セブ島のダイビングショップ ココナッツ・パラダイス倶楽部セブ店@フィリピン・マクタン島 このPADI オープンウォーターダイバーコースというやつである。PADIという団体のライセンスで、一番簡単なやつを取得できる。 結構いろんなライセンスがあるっぽい。 事前のe-learningが190ドルと結構お高い。 そしてかなり時間がかかる。イントロダクションのスライドが37、セクション1が150、セクション2が143、セクション3が204、セクション4が152、セクション5が86ある。 1つ1分だとすると 37 + 150 + 143 + 204 + 152 = 686 なので、11時間26分かかる。一気にやるのは辛いので1日1セクションでやるのがいいかも。PC版とアプリ版がある。 セクションを全部見た後にテストを受ける必要があるけど、PC版のときにどこにリンクがあるかが、わかりにくい。上の黒帯の中にリンクができる。 また、現地で実習を追えると、自分のアカウントとパスワードを教えてと言われる(どういう仕組なんだ?)ので、パスワードは使いまわさないほうがよい。 で、事前にe-learningを終えてからセブに向かった。 成田からバニラエアというLCCでいった。空港第2ビル駅で降りて歩いて、第三ターミナルへ。歩くと10分以上かかるかな。シャトルバスも3〜5分間隔で出ていて、所要時間は5分(ターミナル間の移動 | 成田国際空港公式WEBサイト)。 LCCなので、何も出ないし、ビデオもないよ。機内販売はあるよ。 機内では、入国カードを書かされる。書き方は前の座席のポケットに入っている冊子に書いてある。ペンは貸してくれないので、機内販売で買うか自分でもっていく。 預け荷物の待ち時間が30分から1時間くらいかかると書いてある記事を見たけど、日本とそんなに変わんなかったかなぁ。 空港でSIM買った人がいたけど、5日間で1GBぐらい使えるSIMが300ペソ、600円強で買える。海外ローミングで使い放題にすると1日3000円程度かかるからすごくお安い。SIMフリーすごい。 両替は空港でクレジットカードのキャッシングでしてみた。 キャッシングの場合は1回1万円が限度。手数料として250ペソかかる。あと楽天カードとかYahoo! JAPANカードだと、海外キャッシングはリボ払いになるので、楽天カードの海外キャッシングは自動リボ払いになる罠!一括で返済する手続き方法は? | NEZU.logに書いてあるように、一括で返せるようにリボ払いの支払い枠を上げるか、まとめ払いで支払ったほうがよい。一括で返さないとその分、利息を払わされる。 ちなみに、1万ペソ+手数料250ペソをキャッシングした場合、明細には21720円と書いてあった。 つまり、レートは 10250ペソ /21720円 = 0.471915 だった。とはいえ、250ペソは手数料なので、その分を抜くと 10000ペソ / 21720円 = 0.460405 さらに利息分を加える。利率を年利18%で、支払日まで平均で15日あるとすると 10000 / (21720 * (1 + 0.18 * 15 / 365)) = 0.457024 空港の両替所のレートがうろ覚えだけど、0.44だとするとキャッシングのほうがお得。 空港から宿泊場所まではUberを使った。タクシーだと、場所を伝えたり、値段交渉が面倒、値段が高いと言った問題があるが、Uberだとアプリで呼んで、車内にはいって、「ハロー」、到着したら「サンキュー」言って出るだけだから楽。 宿泊はAirbnbのこちら。 Ouano Beach House - 借りられる一軒家 - ラプラプシティ, 中部ビサヤ地方, フィリピン プール付き。プールはちゃんと塩素の匂いがしたので清潔。

トラリピ風トレード、定量でやるか?定額でやるか?

  • POST
MT4やAPIを使ってトラリピ風トレードをするとき、定量で取引したほうがよいのか、定額で取引したほうがよいのか。 定額で取引したほうが、ドルコスト平均法のようにコストが下げられる気がしている。 まずそれぞれの場合について、想定レンジの下限に達しても証拠金維持率が100%を下回らないようにするにはどう設定すればよいか考え、その後、どちらが効率が良いか考える。 定量取引のときにロスカットされないように設定する レンジ$[a_1,a_n]$に、等間隔で$n$個のトラップをはり、それぞれのトラップに使う通貨数を$v$とし、レバレッジは$l$とする。 全トラップをはり、かつ、価格が$a_1$になったときに証拠金維持率を100%(以上)にしたい。 $$\begin{align} 資金 &= 含み損 + 必要証拠金 \\ &= \sum_{i=1}^{n}\left(a_i - a_1\right) v + \sum_{i=1}^n \frac{a_i}{l} v \end{align}$$ $a_i$は等差数列のため、 $$ \sum_{i=1}^n a_i = \frac{n(a_1 + a_n)}{2} = n A $$ ここで平均$A = \frac{(a_1 + a_n)}{2}$ を使った。 これを使うと $$資金 = (A - a_1) n v + \frac{A}{l} n v $$ となる。つまり$a_1$と$a_n$の中間点$A$で$nv$分の通貨を購入したときに必要な資金と同じになる。 これを$nv$について解くと $$ nv = \frac{資金}{A - a_1 + \frac{A}{l}} $$ となり、レンジ$[a_1,a_n]$と、トラップ数$n$か通貨数$v$を決めると、ロスカットされないようにするための$v$か$n$が決まる。