今回はサイバーテロ。バージョン番号っぽい題名。

ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組) [DVD]

監督:レン・ワイズマン

主演:227, 131, 150, 227, 131, 171, 227, 131, 188, 227, 130, 185, 227, 131, 187, 227, 130, 166, 227, 130, 163, 227, 131, 170, 227, 130, 185

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

出演: ブルース・ウィリス

監督: レン・ワイズマン

評価:☆☆☆☆

アクションはいいし、しゃべりも良かった。別にダイ・ハードという題名を付ける意味は全くない気がするが。そこはプロモーション的な理由でしょう。

爆発シーンが激しく、こっちに向かって車が吹っ飛んできたりしたんで、映画館で見たらかなり迫力があったんじゃないかと思う。

アクションシーンも良かったなぁ。消化器でふっ飛ばしたり、車をヘリに激突させたりとなかなか面白い戦いだった。

マクレーンがスパイダーボーイと呼んだ奴、結構あっけなく死んじゃったけど、すごかったね。

しゃべりもいいなぁ冴えてたね。

ファレルが自分の名前を偽って、デイジー・デゥークといい、子供のころからかわれたというシーンがある。デイジー・デゥークについてはdaisy dukesってどういい意味… - 音楽Q&A 質問広場 - Yahoo!ミュージックを見よ。

歴代大統領演説をつなぎあわせて作られた犯行声明よかった。

炭疽菌懐かしい。

CB無線 – Wikipedia見てみたけど、66.6MHz許可されてない。

マクレーンの「ワシントンD.Cへ犯人を護送するだけだったのに」というセリフは、ブルース・ウィリス主演『16ブロック』の、 娘のルーシーに名前で呼び捨てにされて「その呼び方はやめろ」と言い返すやりとりは、ウィリス主演の『アルマゲドン』のセルフパロディである。「アルマゲドン」という単語も劇中で何回か言われている。

ダイ・ハード4.0 – Wikipedia

「イピカイエ、くそったれめ」はカウボーイが使っていたらしい(ダイ・ハードシリーズのセリフ – Yahoo!知恵袋)。