Mac OS Xで動作確認しています。

Rのインストール

OS Xだと

$ brew tap homebrew/science
$ brew install r

Vimとterminalでやるなら以上でOK。

R consoleがほしいなら

$ brew install r-gui
$ brew linkapps r-gui

RStudioがほしいなら

brew cask install rstudio

設定

環境変数の確認

> Sys.getenv(c("R_HOME", "R_USER", "R_LIB", "R_ENVIRON", "R_ENVIRON_USER", "R_PROFILE", "R_PROFILE_USER", "R_HISTFILE", "R_HISTSIZE"))

R_ENVIRON_USERでRの個人設定の環境変数を設定する。R_ENVIRON_USER自体はシェルの設定ファイルで設定しておく。

ホームディレクトリ直下にドットファイルが増えるのが嫌なので、シェルの設定ファイルに

export XDG_CONFIG_HOME="$HOME/.config"
export XDG_CACHE_HOME="$HOME/.cache"

## R lang
export R_ENVIRON_USER="$XDG_CONFIG_HOME/R/Renviron"
test -d $XDG_CACHE_HOME/R || mkdir -p $XDG_CACHE_HOME/R
export R_HISTFILE="$XDG_CACHE_HOME/R/Rhistry"
export R_HISTSIZE="5000"

のように設定した。R_HISTFILEはRの環境変数だが、Vimからも使いたいので、E_ENVIRON_USERで指定したファイルではなく、ここで設定した。

devtoolsのインストール

$ R
> install.packages("devtools")
:
Package libxml-2.0 was not found in the pkg-config search path.
Perhaps you should add the directory containing `libxml-2.0.pc'
to the PKG_CONFIG_PATH environment variable
No package 'libxml-2.0' found
Could not find libxml2. Please install libxml2-devel (rpm) or libxml2-dev (deb).
ERROR: configuration failed for package ‘xml2’
:

libxml2をインストールする。

$ brew install libxml2

ただし、OS Xにすでに入っているlibxml2があり、トラブルを起こす可能性があるため、リンクはしてくれない。

brew infoの結果。

$ brew info libxml2
libxml2: stable 2.9.2 (bottled), HEAD
GNOME XML library
http://xmlsoft.org

This formula is keg-only.
OS X already provides this software and installing another version in
parallel can cause all kinds of trouble.
:

–forceでlinkしてやる。

$ brew link --force libxml2
Linking /usr/local/Cellar/libxml2/2.9.2... 17 symlinks created

再度Rでinstallしてみると

$ R
> install.packages("devtools")

成功する。

forceは危険なのでもしかしたら

$ PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig:/opt/X11/lib/pkgconfig:/usr/local/opt/libxml2/lib/pkgconfig R

して installすれば成功したかも([SOLVED] Installing rattle on R 3.1 and Mac OS X 10.9 (Mavericks) – Marco Ghislanzoni’s Blog)。

トラブルシューティング

インストールしようとするとアクセス出来ない

以下のようなメッセージが出て、アクセス出来ない

install.packages("devtools")

Warning: unable to access index for repository http://cran.md.tsukuba.ac.jp/src/contrib
Warning message:
package ‘devtools’ is not available (for R version 3.2.0)

筑波はなくなってる?The Comprehensive R Archive Networkを見て、インストール先を変えてやる

$ vim ~/.Rprofile
options(repos = "http://cran.ism.ac.jp/")

Vimの設定

Vim-R-plugin

development versionをNeoBundleでインストールする場合は

NeoBundleLazy 'jcfaria/Vim-R-plugin', {
\   'autoload': {'filetypes': 'r'}
\}

して、development versionのVimComが必要なので、jalvesaq/VimComにあるインストール方法を見て、例えばdevtoolsを使う場合、devtoolsをインストールして、

$ R
> devtools::install_github("jalvesaq/VimCom")

する。

stable versionをNeoBundleでインストールする場合は

NeoBundleLazy 'vim-scripts/Vim-R-plugin', {
\   'autoload': {'filetypes': 'r'}
\}

して、stable versionのVimComをvimcomにあるインストール方法をみてインストールする。

必須ではないが、コンソールでカラー表示したい場合は

> devtools::install_github("jalvesaq/colorout")

コンソールの幅を操作するには

> install.packages("setwidth").

でインストールして、.Rprofileに

if (interactive()) {
    library(colorout)
    library(setwidth)
    options(vimcom.verbose = 1) # optional
    library(vimcom)
}

と書いておく。

neocomplete.vimで補完が効くようにするにはneocomplete.vimのhelpに書いてあるように

let g:neocomplete#sources#omni#input_patterns.r = '[[:alnum:].\\]\+'
let g:neocomplete#sources#omni#functions.r = 'rcomplete#CompleteR'

を設定する。