最後のダース・ベイダーが出て来るシーンから終わるまでがいいっすね。

ドニー・イェンはもっと戦うのかと思ったらそんなでもなかったね。

監督のギャレス・エドワーズ曰くタイトルの『ローグ・ワン』には3つの異なる意味が込められている。1つ目は劇中で戦闘中に個人または集団を指す軍隊での「コールサイン」としての意味で、2つ目は実写映画本編9部作から逸脱する「アンソロジー・シリーズ」の第1作品目である本作自体が「Rogue」(「はぐれ者」や「反逆者」)だという意味で、3つ目は主人公のジン・アーソを始めとした「ローグ・ワン」を構成する戦士たちも「Rogue」(「はぐれ者」や「反逆者」)と呼べる者達であるという意味である。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー - Wikipedia