物語シリーズ

傾物語

  • POST
 世界を救ってくれというのは僕の勝手なお願いで、聞く耳を持つ必要なんて全然ない。  でも、阿良々木くん。  目の前の女の子は救ったほうがいい。 傾物語 (講談社BOX) 著者:西尾 維新 出版社:講談社 西尾 維新 (著), VOFAN (イラスト) 評価:☆☆☆ あんまり八九寺出てこなかった。 p.18 “立てば暴力座れば破壊歩く姿はテロリズム” → 立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花 タイムパラドックス&矛盾の説明面白かった。 「まあタイムパラドックスってのは、時間移動によって生じる矛盾のことだよ」 「矛盾ってなんじゃ」 (略) 「まあまあ、いずれにせよこの子供は言ったわけだ、商人に指を突きつけて。『最強の矛によって貫かれたらその盾は最強ではないし、最強の盾によって防がれるのならその矛は最強ではない。よっておじさん、あなたの言っていることは理論的に矛盾している!』」 「そこで矛盾という言葉が出てくるのはおかしいじゃろ」 「うん。つまりこれがタイムパラドックスだ」 意外と綺麗なところに着地できた。 もうひとつ。 「ちなみにお前様。セブンーイレブンは、一般的には、今儂がそう言ったように、最初の頃、朝七時に開店して、夜十一時に閉まるから『セブンーイレブン』というネーミングがなされたと思われておる節があるが、それは実は後付けじゃと知っておるか?」 「えっ?」 「本当は、創始者たちが当時、組織していたサッカーチームのチーム名から取ったのじゃ。じゃから、最初の五年はセブンのつづりが違った」 「へぇ、そうなんだ!」  知らなかった!  なるほど、サッカーチームね!  じゃあじゃあじゃあじゃあ、つづりが違う方のセブンっていうのは、どういう意味だったんだろう!? 「まあ嘘じゃがの」

猫物語(白)

  • POST
「阿良々木くん……どうしてここに?」 「おいおい、馬鹿なことを訊くなよ、羽川」 傷つくぜ、と阿良々木くんは言う。 「お前がピンチなんだ。僕が駆けつけないわけがないだろうが」 猫物語 (白) (講談社BOX) 著者:西尾 維新 出版社:講談社 西尾 維新 (著) 評価:☆☆☆ いつもは阿良々木視点で物語が進むが今回は羽川が語る感じで物語が進行する。そういえば、シャーロック・ホームズでもワトソン君が語らない事件があったなぁと思ったら、本文中でも、それについて言及してた。 羽川が見た怪異の正体を羽川が”推理”していく感じのストーリーなんだが、なんかかなぁ。推理小説じゃないから、推理に文句をつけてもしょうがないのだが、今回は衝撃を受けるところがなかったなぁ。でも、感動させる文章はさすがですね。言葉遊びもうまい。 阿良々木が学校を休んで何をしていたかは謎。それが最後にわかれば面白かっただろうに。それは次回にわかるのだろうか。 メモ p.10に ふと伸ばした足の爪先までが自分であるとはとても思えないと記した文豪がいたはずだが、 とあるが、調べてもわからず。わかったことといえば谷崎潤一郎の「瘋癲老人日記」にものすごい足フェチな老人が出てくることくらい(参照)。 p.60 「今はこれが精一杯」はカリオストロの城ですね。ルパンの一番くじ、そんなのあったんだ。 p.85 もやしは漢字で書くと『萌やし』。 「もやしっ子って、実はすごい褒め言葉なんじゃなくって!?」 p.215 “手術台の上のミシン”はデペイズマン (dépaysement) というシュルレアリスムの手法と関係あり?『ミシンと洋傘の手術台の上での不意の出会いのよ うに美しい。』

猫物語(黒)

  • POST
だけど阿良々木くん、彼らの気持ちを理解しないわけにはいかないよ。あれだけ正しい人間とひとつ屋根の下で過ごすなんて――しかもそれが自分の娘だなんて、ぞっとする。 ——- by 忍野メメ 猫物語 (黒) (講談社BOX) <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%"> posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/406283748X/sanrinsha-22/ref=nosim/" title="猫物語 (黒) (講談社BOX)" target="_blank">amazlet</a> at 10.11.29 </div> </div> <div class="amazlet-detail"> 西尾 維新 <br />講談社 (2010-07-29)<br />売り上げランキング: 535 </div> <div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"> <div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"> <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406283748X/sanrinsha-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a> </div> </div> 委員長の中の委員長こと羽川翼がゴールデンウィークに猫に魅せられた話。 羽川の家庭事情は複雑だ。 17歳の時、母親が身ごもるが、相手は誰だかわからない。お金目当てで結婚するが、母親は自殺。父親は再婚するが過労死。その後、残された2番目の母親が再婚。現在に至る。 特殊な家庭環境で育ったがゆえに、道を踏み外したなんて思われたくないという、そんなささやかな意地から発した、戒律の順守 (p.241) 常軌を逸した倫理観。 障り猫曰く、 ご主人は、路上で死んでいる俺を、まるで決まりきったルーチンワークのように供養したんにゃ――まったくの無感情にゃ。俺のことをまるで哀れんだりしていにゃかった (p.240) 忍野曰く、

傷物語

  • POST
「お前が明日死ぬのなら僕の命は明日まででいい――お前が今日を生きてくれるなら、僕もまた今日を生きていこう」 by 阿良々木暦 傷物語 (講談社BOX) <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%"> posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4062836637/sanrinsha-22/ref=nosim/" title="傷物語 (講談社BOX)" target="_blank">amazlet</a> at 10.08.08 </div> </div> <div class="amazlet-detail"> 西尾 維新 <br />講談社 <br />売り上げランキング: 222 </div> <div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"> <div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"> <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062836637/sanrinsha-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a> </div> </div> 西尾 維新 (著), VOFAN (イラスト) 評価:☆☆☆☆ 化物語の前日談。暦がキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレイドに血を吸われ、吸血鬼になって、その後2人が「人間もどきの吸血鬼ごとき存在」と「吸血鬼もどきの人間ごとき存在」になるまでの話。 それにしても忍ちゃんの元の名前、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレイドは長い名前だなぁ。そして適当だな。 内容は上記の通りで結末がわかってはいるんだけど、”話”の書き方というか”会話”の書き方がうまい。 しかし戦いの描き方はあんまりうまくなかったりする。 アニメ『化物語』の冒頭では、この傷物語のハイライトシーンが壮大なBGMとともに描かれている。傷物語を読んでアニメを見た人にとってはかなり衝撃的だったんじゃないだろうか。今見返すとよくわかる。 その中でも衝撃的な羽川のパンチラ・・・もとい、パンモロシーンだが、この傷物語において4ページにわたって事細かに描写されている。・・・作者は病気である。 しかし阿良々木暦という男は羽川のパンツ見ることは愚か、ほかにもあんなことやこんなことをしているのだ。しかもギロチンカッターとの戦いの前には、「もうわたしにできることもなさそうね」という羽川に対して 「いや、お前にできることはある」 ・・・(中略)・・・ 「待っててくれ」