Google

Google Cloud PlatformでCloud Shellを使わずローカルな環境から操作する

  • POST
Webデザイナー/プログラマのためのDocker超入門 – Docs.com 上の資料はGoogle Cloud PlatformのCloud Shell上で、dockerのイメージを作成して、アップして、コンテナを起動したり、クラスタを作ったりしている。 Cloud Shellはブラウザ上で使えるシェルで、その環境では作業に必要なGoogle CloudやDocker関連のコマンドが使えるようになっている。 また、Google Cloudへの認証はデフォルトで設定されている。 tmuxが使える状態になっていて、キーバインドはデフォルトらしいのだが、自分が試したことろ反応しなかった。キーバインドが使えるようにChrome拡張をいれたのだが・・・。 詳しい環境についてはこちら。 Features | Cloud Shell | Google Cloud Platform Cloud Shellはすぐ始められるという利点はあるが zshがない 256色がサポートされてない metaが使えない 制御シーケンスがサポートされていない デフォルトでtmuxの中での作業になるが、escape-timeが長い。 ブラウザで設定したキーバインドとバッティングする などの問題があるので、PC上にGoogle Cloud用の設定、dockerコマンドの設定をしてローカルで作業をすることにする。 ちなみにCloud Shellの環境は$HOME以下以外のディレクトリは1時間非アクティブな状態になると状態がなくなってしまうらしい。 $HOME以下は保たれるので$HOME以下にzshなどのコマンドをインストールすれば消えずに残る。 こちらのシェルスクリプトを使えば、$HOME/local/bin以下にzshをインストールすることは可能だ。 以下、Macを前提とする。 Macだと以下に従って、Google Cloud Platformに必要なものをインストールしていけばよい。 Quickstart for Mac OS X | Cloud SDK Documentation | Google Cloud Platform これで、必要なコマンドと認証が設定される。 kubectlを使おうとすると、さらにコマンドが必要で、 $ gcloud components install kubectl でkubectlをインストールした。さらに認証が必要らしく $ kubectl get nodes error: google: could not find default credentials.

ニコニコ動画のタイムシフト予約のリストをGoogle カレンダーと同期してみた

  • POST
PHP5でcurlが使えるサーバが必要。 同期の仕方 nicoTS2GCal.phpをダウンロードする 以下のようなconfig.phpを作る。 [php title=”config.php”] <?php define(‘MAIL_ADDRESS’, ‘[email protected]’); //ニコニコ動画に登録しているメールアドレス define(‘PASSWORD’, ‘password’); //ニコニコ動画のパスワード [/php] PHP Simple HTML DOM Parserをダウンロードする nicoTS2GCalというディレクトリをサーバ上に作り、nicoTS2GCal.php, config.php, simple_html_dom.phpをそこにアップロードする。(ディレクトリ名はそれぞれ変えたほうがいいかも。表示されないといえ、パスワードが書かれたconfig.phpの位置がばれるのはまずいかも) Google カレンダーの左にある「他のカレンダー」の▼をクリックして「URLで追加」を選択。URLとして<アップロードしたサーバのURL>/nicoTS2GCal/nicoTS2GCal.phpを指定 注意点 終了時間は取得できないので、開始時刻の1時間後とした Google カレンダーの更新頻度は半日に一回程度なので、すぐには反映されない やってること ニコニコ動画にログインする 参考にしたサイト PHPでニコニコ動画をダウンロードする方法 2008 | バレで昼寝 – CURLOPT_GETは現在はCURLOPT_HTTPGET PHPプロ!TIPS+ 生放送のマイページからPHP Simple HTML DOM Parserを使用して生放送の番組名と開始時間をとる 参考にしたサイト PHP Simple HTML DOM Parser Simple HTML DOM Parserのサンプル | PCスキルの小技・忘却防止メモ iCalendar形式で吐き出す

Google Calendar API

  • POST
Google Calendar API Zend Gdata Google Calendar APIを扱うライブラリ。 Zend Framework: Downloads: Downloads 使い方 PHP アプリケーションから Google カレンダーを利用する – metaでUTF-8を設定しないと文字化け。このやり方だといじれるのはデフォルトの予定のみ PHPアプリケーションからGoogle Calendarを利用しよう(前編)(1/4):CodeZine – 後編にデフォルトのカレンダー以外も扱う方法あり(取得と削除のみ)。 PHPからGoogleカレンダー操作2:Event(予定)を投稿する | 僻地プログラマーの開発日記 – デフォルトのカレンダー以外に投稿する方法。whereの設定 Google Calendar Data API Reference Guideを日本語訳しました – shingotada diary Zend Framework: Documentation: Google Calendar の使用法 – Zend Framework Manual ローカルサーバー上で上記のサンプルコードを動かそうとすると、 リクエストされたページは表示できません。他のサイトから Google アカウント へのアクセスが要求されましたが、不正な形式のリクエストが送信されました。このメッセージを受信したときにアクセスしようとしていたサイトに、エラーが発生したことを連絡してください。エラー メッセージの詳細は次のとおりです: “next” パラメータに問題があるか、見つかりませんでした。 というメッセージが出てくる。ローカルじゃないサーバーで試すしか無いらしい。 iCalendar 上記のAPIが使えない場合はiCalendarというスケジュールの標準フォーマットでファイルを作ってGoogleカレンダーから取り込むという方法がある。取り込み方はカレンダの左側にある「他のカレンダー」の▼をクリックして「URLで追加」にiCalendarのURLを入力する。 PHPでiCalendarを扱うにはiCalcreatorというライブラリがあるのでそれを使えばいいかもしれない。 もちろん自分でファイルを出力しても良い。 Google カレンダーをiCalendarにエクスポートすると以下のようなファイルが出来てくる。こんな形式で書けばおk。コメントを付け足して書いておく。 BEGIN:VCALENDAR PRODID:-//Google Inc//Google Calendar 70.