Vim

EclipseでAndroid開発

  • POST
1.0が出たのでAndroid Studioの方が良いかと。 開発環境構築 ADTバンドル版Android SDK Androidアプリケーション開発環境の構築(ADTバンドル版SDK編) – Yahoo!知恵袋を参考にして環境構築してみた。IDEはEclipse。 Java SE Downloadsから(リンク先ではJava SE 6になっているけど)最新版のJava SEをダウンロードする Android SDK | Android DevelopersからEclipseが同梱されたAndroid SDKのダウンロードする 日本語化しない場合は以下はしなくて良い。Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン | MergeDoc ProjectからAll in Oneではなく、プラグインのダウンロードする ダウンロードしたら、Java SEをインストールする。 Android SDKを解凍する。 Pleiadesを解凍し、pluginsとfeaturesのフォルダををAndroid SDKのフォルダのeclipseフォルダに移動させて、上書きする。 UTF-8にするために、eclipse.iniの最後に -javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar=default.splash -Dfile.encoding=utf-8 を加える。=default.splashをつけると、Eclipse起動時に出るロゴがAndroid Developer Toolsのものになる。 Eclipse Marketplaceを使ってインストール Eclipseをインストールして、「Help」にあるEclipse Marketplaceをクリック。androidで検索して「Android Development Tool for Eclipseをインストールする。 古いAndroid SDKとADTのインストール 本家からはリンクが無くなってしまうが、以下にリンク先が書いてあるので、ここからAndroid SDKとADTをもってくる Android 旧バージョンで開発環境を構築する 【Android TIPS】 | エンジニア転職求人情報×IT人材紹介@SAK 起動したPleiadesの「ヘルプ」-「新規ソフトウェアのインストール」-「追加」-「アーカイブ」でダウンロードしたADTを選択して、インストールする。 Eclipseの設定 基本設定 Using Eclipse | Android DevelopersのIncrease Eclipse’s Memory Settingsに従い、eclipse.