Vocaloid

supercell

  • POST
supercellとはボカロ業界でもっとも有名なサークルである。 曲はryoが作っている。 公式サイト http://www.supercell.jp/index.html サイトにあるロゴは恋戦のメガホンに描かれているものと同じ。 ryoがメルトにおいて119(ひけしと読む。ずっと「いちいちきゅう」だと思ってたorz)のイラストを無断で使って、それをきっかけにできたサークルだ。その後恋は戦争で三輪士郎が、ワールトイズマインでredjuiceが、ブラック★ロックシューターでhukeが加わった。 サークル名の由来 土砂降りの雨は 積乱雲へ 当時メルトのHPにあったこの言葉が印象的だ。現在この言葉はメンバーの一人であるguitarsのブログで見ることができる。そこから抜粋。 ニコニコ動画で出会ったクリエイター2人のコラボレーション sound & words : ryo + illustration : 119 2つの才能が相乗し、巨大な雲の渦となって supercell (極大積乱雲) というコラボレーション・ネームでコミックマーケット73へ参加決定しました!! ※スーパーセルは積乱雲が上昇気流で周りの雲を巻き込み どんどん発達して周りに多大な影響をまき散らし その自らのエネルギーで長時間猛威を振るうという現象です。 ちなみに「土砂降りの雨」はメルトの歌詞に出てくる。そこから思いついた名前だろう。 supercellの名前を付けたのは119である(出た!「メルト」のコメント欄にryo氏が降臨して祭り!明日は誕生日!)。 人気 ホントにヤバい。「メルト」「恋は戦争」「ワールドイズマイン」「ブラック★ロックシューター」でミリオン再生を達成。ニコニコ大百科によれば”ニコニコでは初めての、転載ではないオリジナル作品での4作品ミリオン達成者”である。 初音ミク Wikiによれば”VOCALOIDオリジナル曲でのミリオン達成作品は2008年12月現在10作しか無い”ので驚くべき人気である。また”週刊VOCALOIDランキング#63では史上2人目となる30位以内に5曲ランクインを達成した。(#64でも続けて5曲がランクイン。2週連続5曲ランクインは初)” ちなみに最初の達成者はジミーサムPで#52で達成。週刊VOCALOIDランキングの前身、週刊みくみくランキングも入れると、#5でOster projectが達成している。 年間VOCALOIDランキングSP2 とくべつなぼからんにおいては9位「恋は戦争」、7位「ブラック★ロックシューター」、5位「ワールドイズマイン」、3位「メルト」と1位を除く奇数の順位を独占。ちなみに1位はみくみくにしてあげる。 さすがにこの異常な人気は工作だろと言わざるを得ない。 歌ってみた 「歌ってみた」も、もちろん人気で新曲が出るとみんな群がる。とくべつなぼからん 第3部の「ボカロオリジナル曲を歌ってみた」 ランキングでは メルト(halyosy) コンビニ(halyosy) メルト-Band Edition-(歌和サクラ) ブラック★ロックシューター(halyosy) ブラック★ロックシューター(ゴム) で4曲がランクイン。歌い手のhalyosyもすごい。ちなみにガゼルが引退して削除しなければ間違いなくランクインしていたことをガゼル厨の私としては言っておきたい(メルト うたってみた, 【ガゼル】メルト うたってみた【ゴメン】)。 カラオケ JOYSOUNDで配信中。 年間ランキングにもランクイン! 記事 『流行りモノ調査隊 第54回 話題のネットスター PART2』 CD

みくのかんづめ

  • POST
OSTERのせいで俺はミク廃になった・・・。 ありがとう。 実際、ミク廃という言葉を作ったのはOSTERらしい(ニコニコ大百科)。 そんなOSTERのCD、みくのかんづめが12月3日に発売されまっせ。そろそろホントに買ってしまおうか。 ASCIIにOSTERのインタビュー記事があるよ。 恋スル[email protected]を3、4日で作ったとは驚きだぜ。名曲ってのはインスピレーションでスパパーンと作れちゃうもんなんだな。 そして俺がボーカロイドにはまるきっかけになったのが、この恋スル[email protected]である。 衝撃的だったね。これは公式ソングデスカ?と思うくらいの出来で、歌詞もうまい。最後の歌詞の部分は「奇跡の空耳」と呼ばれている。 恋スルネタはいろんな曲で使われている。 恋スル[email protected] -テイクゼロ-、片想イ[email protected]、carol (FTN-Remix)、恋ラジフルメンバーでウッーウッーウマウマ(゚∀゚)、8月の花嫁、傷心のエレジー。 OSTER曰く、愛がなきゃ何も作れません。なるほどhalyosyのミクに対する愛情と同じですね、わかります(【2008/11/25O.A.】FM FUJI『RADICAL LEAGUE』ゲスト:absorb【桜ノ雨】、26分あたりから)。 「絵に定評のある友人」こと「Yおじさん」とはmixiで知り合ったらしい。「やらないか?」という感じで誘ったらホイホイついてきてくれましたwと。CDのジャケットはYおじさんによるもの。 そしてOSTERといえば恋スルラジオ。これがCDに入っているとは、ファンにとってはたまりませんなぁ。 ボカロ最高\(^o^/ 11月4日追記 2008年12月2日付のオリコンアルバムデイリーランキングで8位、おめ。 関連 出た!オリコンアルバムデイリーランキングで「みくのかんづめ」が8位! 初音ミク「みくのかんづめ」発売! 「OSTER Project」によるミク楽曲のベストアルバム やば~い。ポスターほすぃ~。

桜ノ雨、オリコンシングルデイリーランキング22位

  • POST
まぁ、そんなとこか。 参照 初音ミクみく 出た!オリコンシングルデイリーランキングで「桜ノ雨」が22位! 上記のリンク先にも書いてあるが、”doriko氏の「歌に形はないけれど」が25位、 「夕日坂」が21位”なので、この辺の位置が妥当なんでしょうね。でも26日付で25位、27日付で28位だから結構粘ってる。 そして記念のこんなん、うPされてた。 すげぇ、ティッシュ姫とのコラボ。えっ、女なのか男なのかって?いや、姫は姫だから。 でも出来はいまいち。原曲を超えるのはなかなか難しい。 ちょっとベースが出過ぎかな?せっかくのコラボだから強調したいのはわかるけど。ちなみに40㍍PのClosed Blueのベースいいよ。 なんでhalyosyはサビ以外歌わないんだろ? ティッシュを4人で振るシーンかわいいね。ティッシュ姫と相合い傘すれば面白かったかも。 でも何か荒れてる。桜ノ雨の宣伝に使ったのが原因なのかな?ブログで謝罪してます。 でも結構宣伝っぽいトラボルタPのトラボティック・ワールドは荒れて無かったりする。まぁこれは完全にトラボルタのオリジナルだけど。メルトやティッシュ姫を利用したと思われてしまったんでしょうね。 でもメルトってryoの曲ではあるけど、halyosyの寄与も(そしてガゼルの寄与も)結構大きいから利用したって感じではないと思うけどね。しいていうなら再利用、非常に地球に優しい行為じゃないかw。 まぁ、歌和サクラが歌っていて、ティッシュ姫がベースを弾いている「メルト-Band Edition」でも聞いて、気分を変えよう。

桜ノ雨PV

  • POST
そろそろ発売ですね。 absorbのHP。 桜ノ雨ミクヴァージョンが松屋で流れていると聞いて朝10時ぐらいに松屋に行ったことが昨日のことのように思い出される。本当は11月12日だが。でもなんかさびしかなくて、音も小さくてちょっとがっかりだったね。 GyaoでPVが見れるよ。 歌っているのは桜ノ雨 -standard edit-。2番がない。CDの「桜ノ雨」という表記の曲は2番が含まれている。 しかしなぜPVに学生が出てこないんだ?卒業の歌なのに。もっとストーリー性のあるPVが作れたはずだ。例えばGReeeeNのキセキのPVみたいにさぁ。 なんで女子高生出てこないの?FUNKY MONKEY BABYSの希望の唄のPVみたいに北乃きいを起用すれば・・・。 せめて白いブラウスのおねえさんに制服を着せれば・・・。似合うと思うんだが・・・。おっと話が違う方向に向かってしまった。 そういえばキセキのPVの流れ星の方向逆じゃね?塵に地球が突っ込んで見えるんだから放射状の広がるはずじゃ・・・。 ちなみに”今月中旬から12月中旬までの期間、日本テレビの毎週月曜放送の「歌スタ」番組時間帯に桜ノ雨のCMが流れ“るそうだ。 ついでに見つけてしまった大橋卓弥のはじまりの歌のPVもなかなかいい。ジャッキー・チェンの映画のパクリである。赤いジャージの子のポーズは明らかに酔拳の修行風景。ドラムには「DRUNK MONKEYS」の文字が。 彼女たちはそんなに腹が減っていたのか。いや、バナナは単にきっかけに過ぎなかったのか。一つのバナナをめぐり、巴戦に。巴戦というとサイクロンZを思い出す。 不良たちに向ってガっと構え、二人で回って蹴りを繰り出すのはなんだっけ。ニコ動の跡地のコメントによるとプロジェクトAらしい。

Re:Package

  • POST
初音ミクがlivetuneのアルバム、Re:Packageで8/27にビクターからメジャーデビューしたよ。 ついにメジャーデビューですね。 dorikoの出した夕日坂・歌に形はないけれどはインディース?だし、初音ミクの名前は出ていなかった。クリプトンが許可を出したんだな。ちなみにJASRACは回避したらしい(Re:packageについて。)。 JASRAC、回避しました。これからも、Re:packageに入ってる曲を使用するのは、僕らに連絡取っていただいたりすれば(まぁ無くてもいいっちゃいいんですが)、今までのように問題はありません。非商用に限り、ですが。 ビクターのサイト。スペシャルサイトでビクターの本気が見られる。BGMのファインダーがよくあう。 オリコンのアルバムデイリーランキングで2008年08月26日 付 3位、27日 付 9位、28日 付 16位、29日 付 2位、30日 付 10位、31日 付 10位。そして9月8日付週間アルバムランキングは5位。 dorikoを超えたなぁ。曲的にはdorikoの方が好きだけど、Re:Packageの方が曲数が多くお得感はあるなぁ。 ちなみに松屋でPackagedが流れるという噂を聞いて行ったみたが、流れなかった。10曲くらい粘ったんだけど残念。 ジャケットのイラストはredjuiceが描いた。redjuiceはryoのワールドイズマインを描いたことでも有名。kzのLast night, Good nightでもpvを手掛けている。ブログに”自称livetune信者として、kzさんに頼み込んでニコニコ動画投稿用に作らせてもらいました。”とある。荒らしに対しては寛容であり、ビリーの兄貴の言葉を引用している。 「だらしねぇという 戒めの心 歪みねぇという 賛美の心 仕方ないという 許容の心 それが大切だね」 ↑うますぎwww。ちなみにredjuicegraphics.comのABOUT THIS SITEの中のABOUT REDJUICEでも兄貴と思えし写真を使っている。 さてニコニコ大百科によればlivetuneとはkzとかじゅきPの二人からなる企画サークルの名称である。サークル名の由来は二人が楽曲制作に使用しているソフトウェアAbleton Liveとピッチ補正プラグインAuto-Tuneから。livetuneの関連動画ではAbleton Liveのロゴを流用して使用されていたが、メジャーでの流通にあたり、redjuiceのデザインによる新ロゴがかじゅきPの『over16bit!fullバージョン』、及びkzの『Last Night, Good Night』の動画において公開されている。 でも俺もっぱらkzの曲ばっかり聴いてるわ。かじゅきPの曲ちゃんと聞いたことない。というか二人が組んで作った曲はあるのか? ちなみにRe:packageはもともと同人で発売されていたらしい、pは小文字だけど。あれ?でもジャケットはどちらも小文字だなぁ。そここだわれ~。タイトルの由来は「パッケージに詰められていたミクを作品として再びパッケージングする事から」(livetuneのブログ)。うまいこと言ったなぁ。今回のCDでは少し曲が増えている。 収録曲は以下のとおり。 Anthem Packaged over16bit!(Full ver.) シューティング☆スター 虹色 椛 Light Song リラホルン 日々の夢想い ファインダー